カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

プロ野球志望届 高校生は139名が提出

プロ野球志望届の提出が3日に締め切られ、高校生は139名、大学生は107名、合計246名が届け出ました。

高校生の投手では、侍ジャパンU-18代表として第29WBSC U-18ベースボールワールドカップに出場した大船渡・佐々木朗希選手、星稜・奥川恭伸選手、創志学園・西純矢選手らが名を連ね注目を集めることになりそうです。

プロ野球ドラフト会議は、今月17日に行われます。プロを志す選手たちの運命が決まるまで、カウントダウンが始まっています!!

関東一が初優勝!国体 高校野球(硬式)

74回国民体育大会【いきいき茨城ゆめ国体】の高校野球(硬式)の決勝戦が2日に行われ、関東一(東京)が海星(長崎)を10-2で破り初優勝を果たしました。

試合展開は、一回に適時打で先制すると、三回には連続本塁打、その後も攻撃の手を緩めず16安打で10得点を挙げました。主将の渋谷選手は「国体を通じて、チームの打撃が成長した」と力強く語ったそうです。

関東一は2015年の全国選手権でベスト41987年の選抜大会では準優勝していますが、明治神宮大会や国体を含めても全国レベルでの優勝経験がなく、念願の日本一を勝ち取りました。

「7日間500球以内」に込めた思いとは…

日本高校野球連盟が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」は20にあった3回目の会合で、投球数制限の答申に盛り込む具体的な数字を「1人あたり7日間で500球以内」と決め、3年の試行期間を設けました。

また、3連投の禁止も盛り込まれることになり、主な目的としては投手の負担軽減にありますが、大会日程の緩和を強く求める思いもあるようです。

少人数で複数投手の育成に悩む学校や、運営側がルールを煮詰めなければならないという課題が残る中、高校野球が大きく変わろうとしています!!

国体 高校野球(硬式)の組み合わせ

今月29日より茨城県で開催される第74回国民体育大会【いきいき茨城ゆめ国体】の高校野球の組み合わせが発表されています。

硬式では今夏の全国選手権で初優勝した履正社(大阪)が1回戦で作新学院(栃木)と対戦、また3回戦で延長タイブレークの激闘を繰り広げた星稜(石川)と智弁和歌山が初戦でぶつかります。

日程は以下の通りです。

【第1日目…1回戦】929日(日)

1試合 星稜(石川)vs智弁和歌山(和歌山)

2試合 仙台育英(宮城)vs宇部鴻城(山口)

3試合 中京学院大中京(岐阜)vs八戸学院光星(青森)

4試合 履正社(大阪)vs作新学院(栃木)

【第2日目…準々決勝】930日(月)

1試合 明石商(兵庫)vs関東一(東京)

2試合 海星(長崎)vs霞ヶ浦(茨城)

3試合 ※対戦カード未定

4試合 ※対戦カード未定

101日に準決勝、2日に決勝が行われる予定です。

WBSC U18ベースボールワールドカップ 惜しくも5位!!

29WBSC U-18ベースボールワールドカップは、チャイニーズ・タイペイがアメリカを破り3度目の優勝を果たしました。日本は1次ラウンドを1位で通過したものの、スーパーラウンドで韓国、オーストラリアに敗れ5位となり、残念ながら4大会ぶりにメダルを逃す結果となりました。

一方で、8日の最終日に行われた閉会式では、日本からは最多本塁打(2本)に西選手(岡山・創志学園)、大会のベストナインに相当する「オールワールドチーム」に先発投手で奥川選手(石川・星稜)、一塁手で韮澤選手(埼玉・花咲徳栄)が選ばれ、しっかりと爪痕を残しました。

なかなか手が届かない世界の頂点…未来の代表チームに大いに期待がかかります!!

WBSC U18ベースボールワールドカップ 本日開幕!!

29WBSC U-18ベースボールワールドカップが、韓国を舞台に98日(日)まで開催されます。1次ラウンドは、2組各6チームで総当たり戦を行い、各組上位3チームがスーパーラウンドに進出、その後スーパーラウンドの上位2チームで決勝を争います。日本はグループBで、1次ラウンドの試合日程は、次の通りです。

830日(金)1200 スペイン戦

831日(土)1200 南アフリカ戦

91日(日)1800 アメリカ戦

92日(月)1800 チャイニーズ・タイペイ戦

93日(火)1800 パナマ戦

今大会から球数制限が導入されるので、試合展開にも注目が集まります。日韓関係は緊迫の一途を辿る中、代表チームは厳戒態勢の中で世界一を目指します!!

夏の甲子園 履正社が春夏通じて初優勝!!

101回全国高等学校野球選手権大会の決勝が22日、甲子園球場で行われました。履正社(大阪)が北陸勢初の夏の甲子園制覇を目指した星稜(石川)を5-3で破り、春夏通じて初優勝を果たし令和初の王者に輝きました。

試合展開は、3-3で迎えた八回に履正社が2本の適時打で2点を勝ち越し、星稜は七回、2点差を追いついたものの、今大会屈指の右腕・奥川投手は悔し涙を流す結果になりました。

履正社は今春のセンバツ1回戦で対戦し、0-3で敗れた星稜に雪辱を果たしました。大阪勢の優勝は、昨年の大阪桐蔭に続き14度目で、都道府県別の最多優勝回数を更新しました。

夏の甲子園 第10日目

101回全国高等学校野球選手権大会は、台風10号の接近に伴い15日に予定されていた3回戦4試合を中止し、16日に順延しました。16強が出揃い、地区別に見ると東北と北信越地区の健闘が目立っています。

【第10日目】816日(金)

1試合 岡山学芸館(岡山)vs作新学院(栃木)

2試合 東海大相模(神奈川)vs中京学院大中京(岐阜)

3試合 明石商(兵庫)vs宇部鴻城(山口)

4試合 海星(長崎)vs八戸学院光星(青森)

【第11日目】817日(土)

1試合 高岡商(富山)vs履正社(大阪)

2試合 星稜(石川)vs智弁和歌山(和歌山)

3試合 敦賀気比(福井)vs仙台育英(宮城)

4試合 鶴岡東(山形)vs関東第一(東東京)

今後の日程は、準々決勝は18日、翌19日は休養日となり、20日に準決勝が行われます。今大会より準決勝後に休養日が設けられたため、21日は休養日、決勝は1日延びて22日に行われる予定です。

夏の甲子園 第4日目

6日に開幕した第101回全国高等学校野球選手権大会は、連日白熱した戦いが繰り広げられ4日目を迎えます。

明日の第3試合からはいよいよ2回戦が始まります。

【第4日目】89日(金)

1試合 花巻東(岩手)vs鳴門(徳島)

2試合 飯山(長野)vs仙台育英(宮城)

3試合 習志野(千葉)vs沖縄尚学(沖縄)

4試合 高松商(香川)vs鶴岡東(山形)

【第5日目】810日(土) ※第3試合より2回戦

1試合 日本文理(岩手)vs関東一(東東京)

2試合 熊本工(熊本)vs山梨学院(山梨)

3試合 岡山学芸館(岡山)vs広島商(広島)

【第6日目】811日(日)

1試合 筑陽学園(福岡)vs作新学院(栃木)

2試合 東海大相模(神奈川)vs近江(滋賀)

3試合 中京学院大中京(岐阜)vs北照(南北海道)

4試合 花咲徳栄(埼玉)vs明石商(兵庫)

【第7日目】812日(月)

1試合 宇和島東(愛媛)vs宇部鴻城(山口)

2試合 海星(長崎)vs聖光学院(福島)

3試合 智弁学園(奈良)vs八戸学院光星(青森)

4試合 神村学園(鹿児島)vs高岡商(富山)

【第8日目】813日(火)

1試合 履正社(大阪)vs津田学園(三重)

2試合 星稜(石川)vs立命館宇治(京都)

3試合 智弁和歌山(和歌山)vs明徳義塾(高知)

4試合 国学院久我山(西東京)vs敦賀気比(福井)

厳しい暑さが続きますが、現地で観戦される方もくれぐれも熱中症にはお気を付けください!!

夏季休業日のお知らせ

日ごろより野球用品専門店P2をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記の期間は夏季休業とさせていただきますのでご案内いたします。

【夏季休業】810日(土)から818日(日)まで

ご注文およびFAX・メールでのお問い合せは随時お受けできますが、発送業務およびお問合せへのご返答に関しましては819日(月)以降に順次対応させていただきます。

何かと不便をお掛けしますが、予めご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

※夏季休業日前のご注文について※

発送業務、ご入金確認(銀行振込、コンビニ決済)、振込票の郵送(コンビニ決済)が819日(月)以降となる場合がございます。予めご了承ください。

ページトップへ