カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

2022年 主な大会日程

2022年に予定している主な大会日程は以下の通りです。今年も新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大会実施や観客数の制限などは直近の状況で判断される見通しです。

318日~30日 第94回選抜高校野球大会

3月~6 春季大会

86日~22 104回全国高校野球選手権大会

8月~11 秋季大会

101日~ 国体開催(高校野球硬式・軟式)

1118日~23日 第53回明治神宮野球大会

2022年スタート!!

新年あけましておめでとうございます。今年は寅年!!何か新しいことにトラ(寅)イしてみるのはいかがでしょうか。引き続き、コロナに負けず健やかに過ごしていきたいものです。皆様にとって笑顔が溢れる素晴らしい一年になりますよう、お祈り申し上げます。

店長日記では、今後も野球を通じて様々なニュースをお届けしたいと思っております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

来春のセンバツ21世紀枠 各地区の候補9校決定!

94回選抜高校野球大会の21世紀枠の各地区の候補校9校が、今月10日に発表されています。21世紀枠は練習環境などの困難克服や地域貢献などを選考条件に加え、一定の戦績を挙げながら甲子園出場を逃している学校に出場機会を広げようと、第73回大会から設けられている制度です。

9校はすべて公立校で、以下の通りです。

【北海道地区】 札幌国際情報

【東北地区】  只見(福島)

【関東・東京地区】 県太田(群馬)

【東海地区】  相可(三重)

【北信越地区】 丹生(福井)

【近畿地区】  伊吹(滋賀)

【中国地区】  倉吉総合産(鳥取)

【四国地区】  高松一(香川)

【九州地区】  大分舞鶴(大分)

来年128日の選考委員会で候補校から3校が選ばれ、大会は318日から13日間(準々決勝と準決勝の翌日の休養日を含む)の日程で開催される予定です。

年末年始 営業日のお知らせ

早いもので、2021年もあと数日となりました。今年一年を振り返り、来年に向けて新たな目標を立てている方も多いのではないでしょうか。寒い日が続きますが、体調を崩されませんようお気をつけてお過ごしください。

誠に勝手ながら、当店の営業は下記の通りとさせていただきます。

【年内最終発送受付】1224日(金)午前10時までのご注文分・ご入金確認分

【年始営業】16日(木)午前10時より

※商品の発送は、お支払い方法および在庫状況により異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

ご注文は随時お受けできますが、発送業務およびお問い合わせに関しましては16日年始営業開始後に順次対応させていただきます。また、コンビニ払込票の郵送に関しましても、システムの都合上、年末年始休業中はお休みさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただけますよう宜しくお願いいたします。

今年一年のご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。

アフリカ甲子園プロジェクト

アフリカに甲子園大会をつくる「アフリカ55甲子園プロジェクト」などを行うJ-ABS(アフリカ野球・ソフト振興機構)のエグゼクティブ・ドリームパートナーに先月、松井秀喜氏が就任しました。

「アフリカ55甲子園プロジェクト」とは、日本の高校野球と同じスタイルで野球少年少女たちの目標となるような全国大会を開催する支援をする取り組みで、アフリカにおける「人づくり」と「競技の普及」を目指す活動です。すでにタンザニアでは「タンザニア甲子園大会」が行われた実績もあり、その実績を生かして今回はアフリカの54か国と1つの地域を対象に25年計画で取り組む壮大なプロジェクトになっています。

野球やソフトボールを通じて、日本に野球留学、指導者留学などを行い、両国の懸け橋となる人材輩出も目指しています。

イチロー氏 高校生を指導

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏が、先月29日に国学院久我山高校を訪れ、野球部員の指導にあたりました。

プロ野球と大リーグで通算4,367本のヒットを打ち、2019年に現役を引退、20202月に高校生、大学生の指導に必要な学生野球資格を回復したのち、同年12月に智弁和歌山高校を訪れ指導していて、今回が2度目となりました。部員からの手紙がきっかけで実現し、打撃や走塁などを丁寧にアドバイスしたそうです。

年内にさらに2校を訪問する予定で、チームの強弱にかかわらず、野球への純粋な情熱に向き合っていきたいとコメントしています

第52回明治神宮野球大会 結果

高校野球シーズンを締めくくる明治神宮野球大会の決勝が25日に行われ、高校の部は大阪桐蔭(近畿)が11-7で広陵(中国)に勝利をし初優勝を決めました。これにより来春の第94回選抜高校野球大会の明治神宮枠は近畿地方が獲得し、1枠増の7枠になりました。

一方、大学の部は中央学院大(関東1)が慶大(東京六大学)に9-8で勝利し、初優勝を果たしました。

第52回明治神宮野球大会 いよいよ明日開幕!!

明治神宮外苑創建95年を記念する第52回明治神宮野球大会が1120日(土)から25日(木)の日程で開催されます。高校の部は10校が出場し、前半の組み合わせと日程は次の通りです。

【第1日目】1120日(1回戦)

  花巻東(東北)vs国学院久我山(東京)

  クラーク国際(北海道)vs九州国際大付(九州)

【第2日目】1121日(2回戦)

  広陵(中国)vs明秀日立(関東)

  大阪桐蔭(近畿)vs敦賀気比(北信越)

【第3日目】1122日(2回戦)

  高知(四国)vs未定

  未定vs日大三島(東海)

各地区を勝ち抜いた強豪校の戦いに、注目が集まります!!

全国に拡大中!『女子野球タウン認定事業』のご紹介

今年の夏、全国高校女子野球大会の決勝が初めて甲子園球場で行われ、注目が集まった女子野球。全日本女子野球連盟が2020年から募集を始めている取り組みで、『女子野球タウン認定事業』という活動についてご紹介いたします。

女子野球の普及と市区町村のPRや地域の活性化を共に行い相互発展を目指す活動で、女子野球を通じて国際社会の共通目標として掲げられているSDGsの中の「5」(ジェンダー平等の実現)と「11」(女性の活躍地位向上を目指し、住みやすい活気がある街づくり)を推進し、女子野球および市区町村の社会的貢献も目指します。

認定基準としては、次のようなものが掲げられています。

<必須1>シティープロモーションの一環として女子野球を活用すること

<必須2>市区町村の特性を生かしたオリジナル企画の提案

基準1:女子野球の大会誘致、実施をする、している

基準2:球場や付帯施設を女子野球に活用する、している

基準3:女子野球を通じ、地域の女性地位向上を考える活動をする、している

基準4:女子野球を通じ、地域で新たな収益構造を生み出す、もしくは生み出している

202111月現在では9道県10都市(愛媛県松山市、埼玉県加須市、佐賀県嬉野市、広島県廿日市市、広島県三次市、北海道喜茂別町、滋賀県東近江市、長野県松本市、兵庫県淡路市、和歌山県田辺市)に拡大していて、今後の発展にも期待が膨らみます!!

秋季地区大会 途中経過

今月20日に開幕する第52回明治神宮野球大会への出場権をかけて、先月より各地で秋季地区大会が行われています。また、来春のセンバツ大会の出場校を選ぶ上での判断材料となるため、注目が集まります。

すでに優勝を決めている6チームと、残りの日程は下記の通りです。

【北海道地区】 クラーク記念国際(初出場)

【東北地区】  花巻東(初出場)

【関東地区】  ※117日に決勝

【東京地区】  ※117日に決勝

【北信越地区】 敦賀気比(6年ぶり6回目)

【東海地区】  ※117日に決勝

【近畿地区】  大阪桐蔭(4年ぶり4回目)

【中国地区】  広陵(3年ぶり5回目)

【四国地区】  高知(9年ぶり4回目)

【九州地区】  ※1112日に決勝

ページトップへ